不動産売却での査定とはどのような内容か?机上査定と訪問査定の違いも解説

2022-06-21

不動産売却での査定とはどのような内容か?机上査定と訪問査定の違いも解説

この記事のハイライト
●不動産売却の査定前にインターネットの各サイトで相場を調べることができる
●机上査定とは、データを用いて算出する査定方法のため短い期間で査定価格を知ることができる
●訪問査定では、データでは分からないその不動産の付加価値を売却価格に反映させることができる

不動産売却において売却価格を決めるために非常に大切なのが査定です。
不動産売却を検討されている方であれば、査定方法や相場価格の調べ方は知っておきましょう。
査定方法や相場価格を知らないと、売れにくくなってしまったり、安すぎて損をしてしまうことになりますので、よく確認しておきましょう。
ここでは、相場価格を調べる方法や机上査定と訪問査定の違いについて解説していきます。
神戸市須磨区や垂水区、長田区、兵庫区にて不動産売却をご検討中の方はぜひ、ご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定の前に相場価格を調べる方法とは

不動産売却の査定の前に相場価格を調べる方法とは

不動産売却をする際には、必ず売却価格を設定するために査定をおこなう必要があります。
通常であれば、不動産会社に査定依頼をして、机上査定や訪問査定をおこない、売却価格を設定していきます。
不動産会社による査定を参考に売却価格を設定しますが、ご自身でも相場価格を知っておくのが大切です。
相場価格を知っておくことで、周辺との乖離や売却活動の反応を見ながら値下げをするラインを決めることができます。
また、値引き交渉が発生した際に、譲るべきラインと譲れないラインの線引きの参考にもなりますので、不動産売却をする際には、ご自身で相場価格を知っておくようにしましょう。

価格相場を調べる方法

インターネットの不動産情報サイトで類似物件を見ることで実際に売却されている不動産価格を調べることができます。
さまざまな情報サイトがありますが、サイトを見比べていくといろいろな物件が掲載されています。
ここで、売却する不動産に近い条件で絞り込むことで、売却する際の相場価格を把握することができます。
また、今は相場価格を調べるサイトもありますので、そちらで物件情報を入力することで、適正価格も算出することができます。
その他にも、レインズ・マーケット・インフォメーションで、実際に取引された不動産を調べることも大切です。
情報掲載サイトにある物件は、売りに出てはいるがまだ売れていない物件です。
しかし、レインズ・マーケット・インフォメーションでは、実際に取引された価格を見ることができますので、売却価格の参考値を把握しておくことができます。
値引きや値下げ時の基準ともなりうるデータと言えるでしょう。
また、不動産には国土交通省が発表している評価額を決めるための地価公示と呼ばれる公的な土地の評価額があります。
こちらでは、エリアの土地の評価額が平米単位で載っていますので、物件の価格の参考として見ることもできます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における机上査定とは何か

不動産売却における机上査定とは何か

不動産売却をする上で大切なのが査定です。
その査定の方法の1つでもあるのが机上査定と呼ばれる査定方法です。
この査定方法の仕方やメリットについて解説していきます。

机上査定とは

机上査定とは、不動産の情報を見ることができる謄本や図面、成約事例を参考に簡易的に売却価格を算出する方法です。
面積や階数、方位、過去の同じエリアや条件、同じマンションでの成約事例を参考にすることで、該当の不動産はどのくらいの価格で売れそうかを判断します。
しかし、現況を確認して査定する方法とは異なり、根拠となるものが数値やデータのみとなりますので、簡易的な査定方法とも言われています。
周辺に同様の成約事例がある不動産の場合は、比較的に近い金額を算出することができますが、まだ新しいエリアや近隣が少ないエリアになると周辺の事例が少なくデータ不足とも言えますので、査定価格の差が大きくなる可能性があります。
このような場合には、国土交通省が取りまとめている公示地価や路線価を参考に売却価格を査定していきます。

机上査定のメリット

机上査定のメリットは大きく2つあります。
1つ目が、遠方の不動産でも売却価格を査定することができる点です。
謄本や成約事例はインターネットを使用して調べることができますので、現地に行く時間をかけずに査定することができます。
例えば、相続した不動産で該当の物件が遠方にある場合でも、現地に行かずに参考となる査定価格を知ることができます。
2つ目が、直ぐに査定することができる点です。
現地に行って調べる必要がないため、不動産会社も事務所から査定をおこなうことができ、直ぐに査定価格を算出することができます。
売主側も日程の調整や家の掃除の必要がないため、まずは目安となる価格を知りたい方には机上査定も良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における訪問査定とは何か

不動産売却における訪問査定とは何か

机上査定とは別の査定方法となるのが訪問査定です。
基本的には、不動産売却をする際には訪問査定を必ずしておくべきですので、内容とメリットを解説します。

訪問査定とは

訪問査定とは、実際に売却物件に出向き現在の建物の状況を確認して売却価格を査定する方法です。
机上査定ではデータを元に算出しますが、訪問査定では現状の使用状況や条件によって算出するため、机上査定の金額よりも低くなる場合もあります。
訪問査定では物件の劣化状況や周辺環境、リノベーションの有無などを確認していきます。
例えば、データでは年数が新しいのに、壁や床が傷だらけの場合には、机上査定よりも査定価格は下がるでしょう。
また、データでは分からない、日当たりの良さや閑静な住宅街などの場合には机上査定よりも訪問査定をすることで価格が高くなる場合もあります。
訪問査定は人が判断する部分もありますので、査定の際には、部屋の掃除や庭の手入れをおこない、清潔にしておくと印象も良くなるでしょう。
売却価格を高くするために瑕疵や不具合などを隠すことはしないように注意しましょう。
瑕疵などは売却価格に響きますが、隠してしまうと売却後に大きなトラブルになりますので、必ず不具合がある場所も隠さずに不動産会社に伝えてください。

訪問査定のメリット

訪問査定のメリットは、データだけでは分からないその不動産の良さを価格に反映することができ、机上査定よりも高い金額で売却価格を設定することができる点です。
とくにリノベーションをしている場合には、リノベーションによって綺麗になった設備や仕様を付加価値として判断することができますので、リノベーションをしている場合には、遠方でも必ず訪問査定をするようにしてください。
現地に行かないといけないため、不動産が遠方であれば大変ですが、より正確に査定するために必要な作業ですので、なるべくおこなうようにしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却において初めのステップともなる査定は、非常に大切な工程となりますので、慎重かつ細かくおこなうように心がけましょう。
まずは机上査定をしておおよその価格を把握したうえで、実際に売却するにはどのくらいの価格設定が良いのかを訪問査定を利用して調べて価格設定をおこないます。
売却開始までに時間と手間はかかりますが、良い売却とするためにもそれぞれのポイントを押さえてしっかりと査定をおこないましょう。
プライムホームでは、神戸市須磨区や垂水区、長田区、兵庫区にて積極的に不動産売却のお手伝いをおこなっておりますので、売却をご検討中の方はお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-932-630

営業時間
9:00~17:30
定休日
(水)/ 他 不定休

売却査定

お問い合わせ