不動産売却の時の「道」

2022-06-12

桜木町に新たに出来る須磨多聞線の工事が始まりました。
何十年も前から事業決定されてやっとスタートしたか?という感想ですが、
今回は須磨多聞線から考える、不動産売却の際の「道」について紹介したいと思います。

普段は全く意識しないと思いますが、「道」は不動産の価値を決める
一番重要な要素といっても過言ではありません。

なぜなら、「道」の種類によっては再建築出来ない、通行・掘削の同意が必要であったり、
セットバックする必要があったり、色々と条件が出てきます。


例えばですが、この写真の様な道ですが、公道か私道か分かりますか?
車は1台やっと通るか通れないかぐらいの道です。

正解は…
「公道」になります。
この近辺の環境をご存じの方でしたら、意外と思うような場所です。
ちなみに、この道は公道ですが、セットバックも必要となります。

神戸は特に道が狭い場所が多いですから、
簡単な査定とかで、売却査定額を出す業者が居ましたらそれは注意が必要と思います。

不動産、特に「家・土地」の販売を検討されている方でしたら、
まずはどの様な「道」に接道しているか?を調べる所からスタートするのが良いですね。

---------------------------------------------
不動産売却相談はプライムホームへ





ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-932-630

営業時間
9:00~17:30
定休日
(水)/ 他 不定休

売却査定

お問い合わせ